宮前防火協会会則

第1章
総  則
第1条
本会は、宮前防火協会とする。
第2条
本会は、宮前消防署管内の住民及び事業所・団体等(以下「事業所等」 という。)で、本会の趣旨に賛同し、入会する者(以下「会員」という。)をもって組織する。
第3条
本会に支部を置く。
支部は、各地区連合町内会の区域ごとに設けるものとする。
第4条
本会の事務局は、宮前消防署内に置く。

第2章
目的及び事業
第5条
本会は、宮前消防署管内の災害を絶滅し、無災害都市の実現を図ることを目的とする。
第6条
本会は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
(1)
管内住民の防火思想の普及徹底に関すること。
(2)
防火管理の徹底、消防技術の向上及び防火知識の育成に関すること。
(3)
消防功労者及び協力者の表彰に関すること。
(4)
その他本会の目的達成に必要な事業に関すること。

第3章
入会及び退会
第7条
本会に入会する者は、所定の入会申込書により、申し込むものとする。
本会を退会する者は、所定の退会届出書により、届け出るものとする。
前項の場合、既に納入された会費は、返納しないものとする。

第4章
役 員 等
第8条
本会に次の役員を置く。
(1)
会 長
1名
(2)
副会長
若干名
(3)
支部長
若干名
(4)
副支部長
若干名
(5)
理 事
若干名
(6)
会 計
2名
(7)
監 事
2名
前項の役員をもって役員会を構成するものとする。
第9条
会長及び副会長は、役員会において選任する。
第10条
会長は、本会を代表し、会務を総理する。
副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。
第11条
支部長及び副支部長は、支部内において選出し、会長がこれを委嘱する。
支部長及び副支部長は、支部内防火推進委員及び各役員と連携を密にし、火災予防、その他防火等に関する業務を強力に推進するものとする。
第12条
理事は、各支部長及び事業所等の推薦により会長がこれを委嘱する。
理事は、支部及び事業所等において、本会の事業を強力に推進するものとする。
第13条
会計は、役員会において推薦し、会長がこれを委嘱する。
会計は、本会の総理を掌理する。
第14条
監事は、役員会において推薦し、会長がこれを委嘱する。
監事は、会計を監査する。
第15条
役員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
補欠によって選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
役員は、任期満了後においても後任者の選任まで、その任に当たるものとする。
第16条
本会に顧問を置くことができる。
顧問は、有識者及び本会に功労のあった者の中から役員会で推挙し、会長がこれを委嘱する。
顧問は、本会の諮問に応ずるものとする。
第17条
本会に書記を置く。
書記は、会長が任免する。
書記は、会長の命を受け、本会の庶務を行う。

第5章
会  計
第18条
会の経費は、会費及び寄付金並びに助成金をもって充てる。
第19条
会費は、1口2000円(年額)とし、基準口数は、次のとおりとする。
(1)
居住又は入場等人員100人未満1口以上
(2)
居住又は入場等人員100人以上500人未満2口以上
(3)
居住又は入場等人員500人以上3口以上
第20条
会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第6章
会  議
第21条
本会の会議は、定例総会、臨時総会及び役員会とする。
定例総会は、毎年1回会長が招集する。
会長は、必要に応じ臨時総会及び役員会を招集することができる。
会議の議長は、会長がこれに当たる。
本会の会議の議題は、出席者の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
第22条
本総会は、次の事項を議決する。
(1)
予算及び決算に関すること
(2)
事業計画に関すること。
(3)
会則の変更に関すること。
(4)
その他会長が必要と認めること。

第7章
簿   冊
第23条
本会に次の簿冊を置く。
(1)
会則原簿
(2)
会員及び役員名簿
(3)
金銭出納簿
(4)
事業綴
(5)
その他必要な簿冊

第8章
委   任
第24条
この会則に規定しない事項で必要があるものは、すべて役員会の議決 によるものとする。

附  則
この会則は、昭和60年8月20日から施行する。

この規約は平成21年の宮前区全町内・自治会連合会総会で開示された会則文書を活字化したものである。
inserted by FC2 system