歌劇「トスカ」
 鑑賞会へのお誘い    

image005.jpg

前回のミュージカル「キャッツ」に引き続き、
今回は 初秋の夜のオペラ鑑賞として、下記内容で計画いたしました。

ぜひ、ご覧下さいませ。


    日 時   9月 26 日 (金)

 ・  時 間  午後7時開演 (約2時間)

 ・  場 所  自治会館 2F   

         上映品目   歌劇 トスカ

 ・ 主 催  文体部

有名なプッチーニのオペラの中で、最もドラマティックなこの「トスカ」は

過酷な運命に翻弄される主人公達を、悲しくも美しく描きあげています。

歌姫トスカの、<歌に生き、恋に生き>と、カヴァラドッシの告別の歌、

<星は光りぬ> はとても人気のある名曲です。

壮麗で美しい舞台美術は、オペラの醍醐味をたっぷりお楽しみ頂けるものと思います。

   ◆ 主な登場人物 ◆  

    フローリア・トスカ・・・ローマの美貌の歌姫

    マリオ・カヴァラドッシ・・・トスカを愛する画家の青年  

    スカルピア男爵・・・・・トスカに言い寄る警視総監

聞こえる音楽(BGM)は<星は光りぬ>です

 あらすじ

【第1幕】
 時は1800年6月、舞台はローマ。このときローマは共和制が崩壊していて、王制のもとで恐怖政治が行われていました。王制側の警視総監スカルピアは、共和主義者を次々と投獄していましたが、そのひとりアンジェロッティは脱獄に成功して、聖アンドレア・デッラ・ヴァッレ教会に身を隠します。そこで出会ったのが、この教会でマリアの絵を描いていた画家で、共和主義の同志だったカヴァラドッシです。カヴァラドッシは、脱獄してきたアンジェロッティを自分の隠れ家に案内します。
 一方、アンジェロッティを追ってきて教会を捜索していた警視総監スカルピアは、そこでローマの歌姫トスカを見つけます。
彼は、トスカが恋人カヴァラドッシの家に行くようにうまく仕向けて、その後を手下に尾行させることにしました。
 このときスカルピアには、王制側の軍が共和制を掲げるナポレオン軍を破ったという知らせが入っていました。
 【第2幕】
 その夜、ファルネーゼ宮殿の自室にいたスカルピアは、手下からアンジェロッティは見つからなかったが、カヴァラドッシを連れてきたと聞き、彼を拷問にかけて居場所を聞き出そうとします。彼が口を割らないので、スカルピアはトスカを呼びつけ、恋人が拷問されているのを見せます。トスカはそれに耐えられず隠れ家の場所を教えてしまいました。
 ちょうどそのときです。王制側の軍が勝ったというのは間違いで、ナポレオン軍が勝利したという一報が入ります。
王制による恐怖政治はこれでおしまいだと喜ぶカヴァラドッシを、怒ったスカルピアは死刑にすることとしました。
 トスカは彼の命を助けてほしいとスカルピアに頼みます。スカルピアはトスカが体を自分に捧げるなら助けてやると約束します。
そして、スカルピアが彼女の体に手を触れようとした瞬間、トスカはそこにあったナイフでスカルピアを刺し殺してしまいました。
 【第3幕】
 トスカはその足で、サン・タンジェロ城の牢屋に捕らわれているカヴァラドッシのもとに駆けつけます。
彼女は一部始終を彼に話して、銃殺刑は空砲で見せかけのもので、その後いっしょに逃げられることを伝えます。
 しかし、処刑が執行されて、トスカがカヴァラドッシに近寄ってみると、彼は死んでいます。スカルピアとの約束が嘘だったことにトスカは初めて気が付きました。ちょうどスカルピア殺害を発見した兵士が追ってきたとき、トスカは城壁から身を投げて自らの命を絶ったのでした。

みどころ

【1】 アリアの宝庫
※このオペラには、第1幕にカヴァラドッシのアリア「妙なる調和」、第2幕にトスカのアリア「歌に生き、愛に生き」、第3幕にカヴァラドッシのアリア「星は光りぬ」という3つのアリアがあります。そのどれもが名曲で、とても人気があります。オペラは長くて退屈だと思う人でも、この『トスカ』なら、飽きずに最後まで観ることができるのではないでしょうか。
 
【2】 悪役スカルピアの最期
※ヒーローとヒロインにはとっておきのアリアが用意されていて、それでは悪役スカルピアには?……スカルピアは第2幕で大活躍をします。これぞ悪役と言わんばかりの言動は、第2幕の最後でトスカにナイフで刺されて殺されるまでエスカレートしていきます。
このトスカとの二重唱の場面は、数あるオペラの中でも最も迫力のある場面のひとつです。

【3】 実在する舞台 
※『トスカ』のお話は作り話ですが、その舞台となった場所はローマに実在しています。第1幕の聖アンドレア・デッラ・ヴァッレ教会は、今でも中に入ることができます。第2幕のファルネーゼ宮殿は、フランス大使館として利用されています。そして、第3幕のサン・タンジェロ城は、ローマのシンボル的な建造物として観光名所となっています。

inserted by FC2 system